青少年野外活動のボランティアをしてきた

私は青少年野外教育活動団体のボランティアリーダーを3年間にわたり続けてきました。現在も代表として活動しています。活動の主たるキャンプを仲間と共に作りあげていく中で、お互いが納得するまで話し合うことでより良いものが生まれて […]

色んなことに挑戦してきた自分

私を表す3つの言葉として、タ・カ・セがあります。タは「多様性」です。視野を広げ自分を成長させる為に野外活動だけなく、旅など色々なことに積極的に挑戦してきました。カは「感受性」です。多様性がもたらした様々な経験を感じとり、 […]

デザインの研究を通じて問題可決能力を養った

デザインの研究を重ねていくことで研究課題の問題点を把握しどのような解決策があるのかを洗い出していくことで、独自性のある答えを導くプロセスを得ることが出来ました。そのことから所属していた大学祭実行委員会においても、、解題解 […]

受付スタッフについて頑張った

学科の枠にとらわれることなく他学部他学科の研究プロジェクトにも積極的に参加しました。スタッフとして参加したワークショップでは主に受付担当して、内容説明と注意事項を如何に素早く確実にお客様にお伝えするのかを考え、結果テーマ […]

相手の立場から物事を考える大切さ

大学に入るまで自分の視点からだけで物事を考えていました。しかし、大学祭の実行委員やプロジェクト課題で多くの人と接する機会が増え自分の思うとおりに進まなくなることが頻繁に起こりました。その時自分の立場からだけでなく相手の立 […]

リノベーションのプロジェクト

私は建築設計を専攻しておりその一環で、カフェのリノベーションや古民家の改修の体験を依頼主やプロの設計士とかかわり試行錯誤しながら空間デザインやリノベーションへの企画をしていきました。そこで学校では体験できない達成感を得て […]

全員が同じ目的を共有するように努力した

印象に残っている企画は東京にて、ディスカッションを一週間行ったことでした。参加者100人に対しスタッフは10人と少人数でしたが、私は2年生全員にとって、心に残るものにしたいと思っていました。しかし、幹部とスタッフの間でや […]

日本文化を外国人に伝えたい

日本の文化である銭湯を体験してもらうことで外国人に日本をもっと満喫してほしいと思い、「外国人を銭湯文化を伝えるプロジェクト」の活動を始めました。そこで仲間と協力して英語の銭湯紹介冊子を創りました。この冊子を創る中で、外国 […]

水泳部でタイム短縮の努力をした

私は目標を設定し、その目標を達成するために考えて物事に取り組むことができます。大学では水泳部に所属しています。入部して半年ほどは順調にタイムを縮 めることができました。しかし、その後は、タイムが縮まらない時期が続きました […]

解決するだけでなく解決方法を残したい

一つの問題に対し「解決するだけでなくその解決方法を残す」ということを意識し行動できます。初めて障がい者がモデルのファッションショーにレッスンスタッフとして参加した際に衣服の着脱や歩行困難な人が多く、それをサポートできなか […]