「学生時代頑張ったこと」の例文

化粧品販売のバイトに力を注いだ

化粧品販売のアルバイトが学生時代一番力を入れて頑張りました。。その際、お客様から頼られて信頼される販売員になりたいという想いがありました。しかし、当初は知識不足のため客様から呆れられ悔しい思いをしました。そこで、肌や商品に関する知識を、資料を読み、社員に聞くなどして習得しました。次に、お客様がどのような商品を求めているのかを知るために、肌悩みなどメモを取りながら聞き、メモは保存して次回以降も続けて記録出来るようにしました。というのもお客様の望む商品を的確に提供すれば良いのではないかと考えたからです。その結果「あなたは分かってくれているから」と指名して頂けるようになりました。「自分を理解してくれている」という安心感が指名に繋がり、それに継続性を持たせることで信頼関係に繋がるということを学びました。社会に出ても「まずは相手を理解してからお互いの考えや思いを共有し、一緒に考えること」を大切にして良い信頼関係を築いていきたいです

スポンサーリンク