「学生時代頑張ったこと」の例文

サッカーサークルで得た経験を活かしたい

私の最大の強みは、『これと決めた物事に対して熱中し、全力の努力でもって結果をだす』ことです。中学・高年間はサッカーに熱中しました。一日平均7時間の練習、1時間体が悲鳴を上げるほどのトレーニング、毎日10kmのランニングなどを続けました。結果、全国4位に入りました。大学では、サークルでサッカーを教える事の楽しさを知りました。そこで学校のサッカーサークル連盟の役員に志願し友達作りに励み、幹部引退後には様々なサークルからサッカー好きを集め、在籍44名の3・4年次生だけのサークルを創りました。そして、そのサークルで上達する喜びを伝えることに熱中しています。また私は、選手としてのサッカーからは努力を継続することを、コーチとしてのサッカーからは人の役に立つ喜びを学びました。私はこの経験を生かし、お客様の役に立つため、また自己の成長のために全力投球し、結果を出すことで御社に貢献することが出来ると強く感じています。そして、結果を積み重ねることでお客様からは、会社名では無く「Aさんだから契約するよ。」と言われる程の信頼を得る人間になりたいです。つまり、商品に『A』という付加価値を付けたいのです。そして、貴社の商品にどんどん『A』の付いた商品を増やしていきたいと考えています。。そして、貴社の商品にどんどん『A』の付いた商品を増やしていきたいと考えています。

この例文のポイント解説

GOOD!

スポンサーリンク