「学生時代頑張ったこと」の例文

全員が同じ目的を共有するように努力した

印象に残っている企画は東京にて、ディスカッションを一週間行ったことでした。参加者100人に対しスタッフは10人と少人数でしたが、私は2年生全員にとって、心に残るものにしたいと思っていました。しかし、幹部とスタッフの間でやる気の温度差がとても開いていました。そんな中、私は率先して以下の2点を行いました。「2年生全員にこの企画に対する目的を話す」「2年生一人ひとりに自分の思いを理解してくれるよう積極的に話かけた」この2点でした。徐々に全員が同じ目的を共有できるようになり、反省会では、友人たちから泣きながら「楽しかった。お前がいてくれて良かった」と言われ、本当に嬉しく思いました。

この例文のポイント解説

企画の中身がいまいち具体的でないのでそれをわかりやすく記述してほしいです。そして、自己PRとして何をPRしたいのかもこの文章では不明確です。また貴殿の役割も不明確です。

スポンサーリンク