「学生時代頑張ったこと」の例文

倹約生活と役に立ちたい精神がPRポイント

私はとても倹約家です。生活費全般について工夫し、生活における経費の無駄を少しずつ省けるようにし続けていました。しかし、それが逆に欲求不満のもとになり、ある時そういった倹約生活を止めようかと考えたときに、過去に、一人暮しをしている友人に倹約生活のことを話し、感謝されたことを思い出しました。そして、何か役に立てればと情報を他の友人にも提供し始めました。一人暮しの友人には安くておいしくて調理しやすい3立ての食料品や、金券ショップでの購入方法を話しました。一人で倹約しているというよりもみんなで共有して倹約をしている感覚になり、もっともっとお得情報を得ようとなりました。役立つことの喜びを感じ、もっと役立ちたいと思いました。

この例文のポイント解説

倹約家からお得情報提供家に変化した、背景や具体体などきちんと書けていますね。いい感じだと思います。

スポンサーリンク