「学生時代頑張ったこと」の例文

CS(顧客満足)を深く考える

私は、「接客力とCSをよく考える」人間です。私は、幼稚園からピアノやバイオリンを習っており、今でも演奏しています。その経験から大学一年生から楽器屋でアルバイトをしています。音楽についての知識やノウハウは知っていたため、簡単なバイトだと思っていましたが、実際に接客してお客様の音楽絵への思いや要望の違いが多種多様で翻弄され、また社会人としての接客力やCSについて全くの知識不足を痛感しました。そこで、居酒屋やカフェの接客を研究しては、どうやったらお客様に満足してもらえるのかを考えるようになりました。お客様は生まれも育ちももちろん違い本当に多種多様ですが、そういったいろんなお客様に接して経験値が増えていくことに喜びを覚えています。今後もそういった接着とCSについて考え行動していくような社会人になりたいです。

この例文のポイント解説

最初の「接客~」人間ですは、少し無理矢理感があるかな。書くなら、私はアルバイトを通じてCSを念頭に接客力を日々磨いています。くらいでいいのかと思います。

スポンサーリンク