「学生時代頑張ったこと」の例文

「伝える」「継承していく」ことの重要性を知った

 大学入学後、私は、とても尊敬・信頼できる先輩に出会いました。大学のサークルでその先輩と知り合い、先輩が主催するインターンシップのイベントにスタッフとして参加したことがきっかけで、仲良くしていただきました。その後も、ビジネスプランコンテストのスタッフや、学生団体のイベントに参加させてもらいました。多くのことを体験させていただいて、色んな価値観を持った、本当に意識の高い大学生や社会人の方々にお会いし、自分も何かやってみたい。と思うようになりました。そこで私は、「伝える」というのをキーワードにし、後輩に多くのことを伝えていこうと思い、2回生から1回生を生活面・学習面でサポートする団体に入り、また3回生のときに、私が行っている就活支援サークルの講師の方を大学に招いて、セミナーを開いていただきました。こういった活動を先輩から後輩に受継ぐことで新しい歴史が生まれ、それが大きな波となることがわかりました。これらの経験を社会に出たときにも胸に刻み、自分自身だけでなく次の時代にも引き継いでいけるような仕事をしていきたいです。

この例文のポイント解説

仕事や事業を継承していき、会社というものを大きくしていく・・・非常に大切なことです。それを学べたことは評価できます。ただし、最後は少し尻つぼみな感じですので見直してもいいかと思います。

スポンサーリンク