「学生時代頑張ったこと」の例文

チームメイトとともに勝つ精神

小学生の時から野球を続けています。野球を通して、仲間の大切さ、どんな困難にも立ち向かう強さを学びました。中学2年生のとき、~という大怪我を負いました。医者からも野球をやめるように言われましたが、チームメイトの支えもあり、その困難を乗り越え、今も続けることが出来ています。社会に出ると、今以上に様々な壁にぶつかると思います。その時に逃げ出してしまうのではなく、決して諦めることなく立ち向かっていき、その壁を乗り越えていきます。そして、壁を乗り越えるには、自分一人の力だけではなく、多くの人の支えや協力が必要です。そのため、常に感謝の気持ちも忘れず持ち続けていきます。敢えて壁にぶつかり、乗り越えたく思います。その時も自分ひとりの力だけでなく、多くの仲間達と乗り越えたく思います。常に感謝の気持ちを忘れずに、『みんなで勝つ』精神で臨んでいくたく思います。

この例文のポイント解説

概ねよいと思います。最後の敢えて壁にぶつかりなんていう表現は好感を持てます。

スポンサーリンク