「学生時代頑張ったこと」の例文

語学習得を自己PRに

私の将来の夢は語学を極めて世界中の人に対して貢献することです。そのためにまず今習得しようとしているのが中国語と英語です。それぞれの言語において資格取得を目指すと同時にビジネスでも使えるような授業を履修し、2年生の時にアメリカに短期留学もしました。また、第三外国語としてロシア語も新たに履修しました。今はそれぞれの言語を社会でも扱えるように言語そのものを習得することに力を注いでいます。私にとって言語とは異国同士の人の意思をつなぐ一つの手段だと考えています。自分がその役割を担い、仕事上のコミュニケーションをより円滑にすすめるだけでなく、お互いに信頼関係をも築かせられるようにしたいと思っています。そして、言語の習得だけではそれは実現出来ないと思うことから、その国の事ももっときちんと知るように努力したいです。

この例文のポイント解説

語学マニアとは嫌う企業もあります。ただし、海外勤務が多い場合は好意的に捉えます。何故、中国語・英語・ロシア語を極めようとするのかは前節時には言えた方がいいでしょう。

スポンサーリンク