「学生時代頑張ったこと」の例文

大学受験が最大のチャレンジ

名古屋大学受験の時です。高校2年生時の私の成績では絶対に落ちると担任教諭から言われました。しかし、一歩ずつ進んでゆけば必ず達成できるはずだと思い、私は猛勉強しました。徐々に学力がついてきたのは実感していたのですが、直前の模試では全く結果が出ませんでした。しかし、挑戦を心から応援してくれた両親のためにも、「絶対に受かりたい。絶対諦めない」と思い、何度も何度も弱い分野を見つめ直し、計画変更を繰り返して徹底的に勉強しました。そして、正直もうやり残したことはないと思うくらいにに勉強できたため、最後は開き直って試験に臨み無事合格することができました。今は名古屋大学に合格したことよりも、最大限の努力を1年間したことが自分で一番誇れことだと思っています。

この例文のポイント解説

大学受験が最大の困難?と思う人もいるかもしれませんが、正直なところ大半の人が一番頑張ったのはそうなのかもしれないと個人的には思います。ですので、正直さが出てて良いと思います。しかし、何故名古屋大学が良かったのですかね?その辺を考えると自己分析に繋がりますよ。

スポンサーリンク