「学生時代頑張ったこと」の例文

一生懸命生き、何事も楽しむ(だれにも負けないことはなんでしょうか?)

私の誰にも負けないこと「一生懸命生き、何事も楽しむ」ということです。高校2年生の時、重度のインフルエンザにかかり、生死をさまよったことがあります。4日間の集中治療室での生活、1ヶ月間の入院生活を余儀なくされました。入院生活は辛かったですが、自分よりももっと重度で辛い人がたくさんいました。その時に、生まれて初めて「命」の大切さを感じました。それからの私は「一生懸命やらずに楽」と「一生懸命やると楽しい」と選択肢で迷ったときには、「一生懸命やると楽しい」という道を選びました。それでないと「命」を活かしていることにならないからだろう思うからです。
ある意味当たり前のようなことですが、「一生懸命生き、何事も楽しむ」私のすべてだと思います。

この例文のポイント解説

申し分なしです。面接時にうまく言えるといいですね。

スポンサーリンク