「学生時代頑張ったこと」の例文

学生主催のイベント企画の実行委員長で活躍

私は学生主催の宿泊型イベント企画の実行委員会に半年間在籍していました。10人の実行委員でそのリーダーとしての経験を積むために、実行委員長に立候補し持ち前の明るい性格や人柄が認められたのか満場一致で決まりました。私はまず全体目標100人の集客、個人目標20人の集客と定めました。 
集客につながると感じたイベントには、長野県や愛知県など中部地方中心のイベントに積極的に参加しました。リーダーなのに個人目標がいかないのはありえないと感じ、必死に活動し漸く個人のアプローチで20人集めることに成功しました。しかし、チーム全体では50人の集客で、目標達成までギャップがありました。そこでチームのメンバー一人ひとりにも、それぞれの責任者になってもらい、やりがいを感じてもらうようにしました。
その結果、全体で105人の集客、個人で25人の集客に成功しました。みんなで本気でひとつのことに取り組むことはとても楽しいことだと感じられた経験でした。

この例文のポイント解説

どうやってメンバーにやりがいを感じてもらうようにしたのでしょうか?この部分は、君の指導力や人望など強烈な強みをPRできるポイントです。その辺をじっくり考え自己PRで生かしていきましょう。

スポンサーリンク