「学生時代頑張ったこと」の例文

南アジアの経済協力の研究でヒアリング活動をした

私は大学2年生の時に「ベトナムのODAとNGOの連携」というテーマでゼミの共同研究をしました。課題を知るために、日本だけでなく東南アジアの国々でヒアリングを合計20回行いました。私は国内のNGOや外務省にヒアリングしていく担当でした。ある日、ベトナムの日本大使館から研究室にクレームが来ました。ヒアリング先への対応方法を共有化していなかったことを反省し、十分ありうることだと気づかされました。ヒアリングについてはあくまでもこちらサイドの都合であることから、私は 大使館への謝罪メールを送ろうとしましたが、直接国際電話にて謝罪をして最終事なきを得ました。この時から仲間への進捗確認だけでなくメンタルの部分の聞き取りを心がけたり、対応方法のマニュアル化と情報共有に努めるようになりました。

この例文のポイント解説

まず、あなたはそのグループの何者ですか?リーダーでしょうか?そのあたりの役割が見えないのですが・・・直接電話で謝罪をしているからにはリーダなのでしょう。しかし、それを書いていないため、何の権限があってと思ってしまいます。その点を明らかにしてください。その他はまずまず書けていますが 最終社会人になってどう生かしたいのかの言及が欲しいです。

スポンサーリンク